厄年の厄払いなら厄除け七福財布がおすすめ!

厄年

【厄年と前厄、後厄、数え年、そして、厄払い】

 

 

厄除けや厄払いという前にあなたの厄年、いつだかわかっていますよね?

 

 

2020年(令和2年)はこの↓年齢の方が本厄・前厄・後厄です。

 

男性厄年

 

 

大厄

男性は42歳の方が「大厄」

女性は33歳の方が「大厄」

 

 

女性厄年

 

 

よく確認してくださいね。

 

あなたの厄年がすぐわかる⇒ 厄年早見表はこちら

 

 

 

 

 

 

 

厄年を信じる、信じない、気にする、気にしないはその方の自由なんですが、

 

この厄年というのは、やはり、人生の節目になる時期でもあり、
プレッシャーや様々なストレスなどでも
色々と身体の不調や蓄積した疲労などが出やすい時期なんですね。

 

ですから、注意するに越したことはありません。

 

 

神社で厄除け

神社で厄除けのご祈祷

 

 

神社で厄除けのご祈祷を受ける。というのもひとつですが、

 

 

厄除けグッズや厄払いのアイテムを持つ。というのもその一つ。

 

それで、前厄(まえやく)・本厄(ほんやく)・後厄(あとやく)の時期を無事に過ごすことができれば
ありがたいことです。

 

 

 

では、あなたの厄年(やくどし)はいつ?

 

 

 

現在、生活の中で一般的に使われているのは「満年齢」ですが、厄年は「数え年(かぞえどし)」でみます。

 

 

あなたの厄年はいつだかわかっていますか?

 

 

厄年

厄年は 「数え年」

 

 

最近ではあまり使われなくなった「数え年」ですが、
今でも神社での「厄払祈願」「厄除祈願」や日本の伝統的な行事などには使用されています。

 

七五三も満年齢ではなく、数え年ですよね。

 

 

 

そもそも「数え年」ってなに?

 

 

「数え年」は、
生まれた時を0歳ではなく1歳と数え始めて、
自分の誕生日ではなく正月を境に年をとる。と考えます。

 

◆満年齢→生まれた日を「0歳」と数え、次の誕生日が来たらと「1歳」という数え方

 

◆数え年→生まれた日を「1歳」と数え、次の正月(1月1日)が来たら「2歳」という数え方

 

とすると・・・・

 

・今年の誕生日がまだなら → 現在の満年齢 +2

 

・今年の誕生日が過ぎているなら → 現在の満年齢 +1

 

 

となりますね。

 

 

これがあなたの『厄年』です。

 

 

■男性の厄年(本厄)は 数え年で 「25歳」「42歳」「61歳」

 

■女性の厄年(本厄)は 数え年で 「19歳」「33歳」「37歳」「61歳」

※近年では、女性の61才も男女共通で厄年とする場合が増えているようです。

 

 

そして、この年齢(本厄)の前年が「前厄」となり翌年が「後厄」になります。

 

 

 

特に男性の42歳の本厄、女性の33歳の本厄を「大厄(たいやく)」と言い、

 

男性であれば、

 

人生で最も働き盛りで心身共に負担が大きい時期であったり、

 

 

女性であれば、

 

30代に厄年が2回ありますが、これは

 

結婚や転職、妊娠、出産、子育てが忙しい、親の面倒などなどの時期。

 

様々な人生の転換期です。

 

 

ですので、「身体に充分注意してください」ということなんですね。

 

 

 

結局、厄年は、肉体・精神的に大きな変化が起こりやすく、
人生の転換期・節目に当たる時期ということなのでしょう。

 

 

 

 

私も今まで厄年なんて気にもしていなかったのですが・・・・・

 

 

なんと、後から振り返って、ビックリ!!!

 

 

 

・おでこに”脂肪種”ができて、除去手術を受けたり・・・

 

・頭部に”巨大なおでき”ができて、除去手術を受けたり・・・

 

・口の中に”ワケの分からないモノ”ができて、除去手術を受けたり・・・

 

 

・詐欺師に騙されて、300万円以上の借金をつくるは・・・

 

 

・いきなりのギックリ腰で1週間動けず、治ったと思って動き出したら、さらに悪化!

 

全く動けなくなり、トイレに行くのも大変なおもいをして、

 

結局、ギックリ腰が治るのに2か月以上かかってしまったり・・・・

 

 

・左足のふくらはぎに血栓ができて、下肢静脈瘤の手術を受けなければならなくなったり・・・・

 

※下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、急にできるものではありません。

 

数年前から太ももやふくらはぎの血管がボコボコと出ていたのですが、
就寝中に激しく足がつったり、立っているとふくらはぎに激しい痛みが出るようになりました。

 

仕方なく、下肢静脈瘤専門のクリニックに行ったのですが、
そこの医師によると、血栓ができるのは500人に1人くらいらしいです。

 

(厄年のせい?)

 

下肢静脈瘤はある程度の年齢になると、大なり小なり症状が出ている人が多いですよね。

 

特に女性に多いようですが、あなたも注意してくださいね。

 

 

などなど、思い返すと厄年に色々なことが出てきます。

 

 

これ全部、嘘でも誇張しているわけでもありません。

 

前厄から本厄の年にかけて、わたし自身に起きた実話です。

 

 

 

厄年とかそういったことを気にしているから、物事をそういうふうにとらえてしまう。

 

ということはあると思いますが、今回のことは全く”逆”ですからね。

 

あとから振り返ったら、厄年にそういったことが立て続けに起きていた。ということ。

 

その時は 「なんか色々と続くなぁ。」 くらいにしか思っていませんでしたね。

 

 

 

だからといって、

 

あなたも必要以上に気にすることはないと思いますが、
厄年(やくどし)の「前厄(まえやく)・本厄(ほんやく)・後厄(あとやく)」にあたる方は注意してくださいね。

 

 

その人によって、

 

●「前厄」に色々と不運や不幸な出来事が起きる方。

 

●「本厄」に色々と不運や不幸な出来事が起きる方。

 

●「後厄」に色々と不運や不幸な出来事が起きる方。

 

さらには、

 

●最悪、「前厄・本厄・後厄」の3年間続けて色々と不運や不幸な出来事が起きる方。

 

●厄年なんて知らないうちに過ぎている方。などなど

 

 

様々な方がいると思いますが、

 

原則的に厄払いは3年間続けて受けられたほうが良い、といわれています。

 

そして、

 

厄除けは、一般的にはお正月から節分までに済ませるのが良いとされています。

 

節分

厄除けはお正月から節分までの間に

 

 

厄払いを神社などで 受けられる方は参考にしてください。

 

 

厄払い祈願

厄年には神社で厄除け祈願

 

 

 

また、厄除けグッズや厄払いのアイテム、

 

厄年の時に身につけておくと厄除けになると伝わるものがあります。

 

それは「七色」と「長いもの」そして、「蛇(へび)」。

 

七色

厄除けになる身に着ける物は「七色」「長いもの」

 

 

そして、常に身に着けられるモノがベスト。

 

 

さらには私のように借金を作らない為にも金運がアップすればなお良い。

 

 

これはもうこれで決まりですよね。

 

『七色が入った蛇(へび)の長財布』

 

 

 

●数字の「七」は・・・・

 

厄(やく 八九)の1つ前ということで、「厄を手前で防ぐ」という意味。

 

また七は「七福神」「ラッキーセブン」など縁起の良い数字ですよね。

 

 

そして、

 

●「長いもの」が縁起の良いものとされるのは「長寿」が連想されるからです。

 

 

●さらに、長い生き物といえば「蛇」。

 

蛇は昔から「神の遣い」と考えられています。

 

 

その中でも【白蛇】が福運金運、家内安全、無病息災になると言われ、
神の化身として又弁財天(弁天)様からの贈り物として崇め奉られています。

 

 

白蛇

福運金運・家内安全・無病息災になる神の化身の白蛇

 

 

ということで、

 

 

あなたがこれから、「前厄」「本厄」「後厄」を迎える歳になった。

 

又は、今が「前厄」「本厄」「後厄」の最中なんです。

 

だから、自分で買う。という方、

 

 

または、厄年を気にしているのでそういった方にプレゼントしたい。

 

という方の中で、

 

厄除けグッズや厄払いのアイテムをお探しなら、

 

 

これがべストの選択でしょう

 

 

これで・・・・・

 

 

あなたやあなたの知り合いが「前厄」「本厄」「後厄」を無事に乗り越え、

 

健康で、なおかつ幸運をつかみ、金運すらもアップすることができれば幸いです。

 

 

健康で元気

 

厄除けグッズ・厄払いアイテムで厄年を健康に元気で乗り越えよう!